ABOUT

■プロフィール/Profile

​KATSUTA Kyohei/勝田 恭平

1986年5月25日生まれ。
3~4才の頃に家にあった書籍や母から折り紙を教わり、以来折り続けて現在に至る。
中学生になってから本格的に創作活動を始め、同じ頃折紙探偵団(現 日本折紙学会)のメンバーとなる。

大学生時代に、若手の折紙作家を中心とした愛好家が自由に作品を投稿できる共有型のウェブサイト「おりがみ新世代」を立ち上げ、同時に若手作家の代名詞ともなった「新世代」の中心メンバーとして活動。2009年にサイトの管理人を引退。

現在はおりがみはうすのスタッフとして折り紙に関係した仕事をしながら、自身でも新しい視点と技法による作品を模索している。 主な創作対象は生物。好きな生物はニワトリ。

Born in May 25, 1986, Katsuta learned origami from his mother and origami books he read when he was three or four years old, and since then he has been folding. Katsuta started designing his own models when he was in junior high school, when he became a member of Origami Tanteidan (currently JOAS).

He opened a sharable web site “Origami New Generations” in which young folders can share their own models and ideas, and as the name of the site suggests, he became known as the core member of the “new generations” of folders. Katsuta gave the site to others in 2009.

He currently works as a staff member of Origami House. Of course, he still keeps pursuing new types of origami models and new techniques for designing ones. Katsuta mostly designs living creatures, among which a chicken is his favorite.

折り図掲載情報

■その他の関わった仕事

依頼等がある場合はこちら

勝田恭平創作折り紙教室 /JOAS Hall Workshop

数ヶ月毎にJOASホールで作品の講習を行っています。
申し込み方法等の最新情報はこちら
過去の教室の情報はこちら

■旧ウェブサイト、ブログ等